頚椎椎間板ヘルニアを治す会 » 脊椎変性すべり症について

脊椎変性すべり症について

脊椎変性すべり症は関節突起間部に異常はなく、椎間関節と椎間板の退行性の変性によってすべりが生じたものと考えられます。

また、この腰椎すべり症は中年以降の女性に多い症状で、慢性の腰の痛みを訴えるケースが多いです。


多くは第四腰椎のすべりにより、関節突起間部の分離が伴う、分離すべり症と比較して、すべりの程度が軽いことが多いようですが、椎体全体が偏って動くためにその直下の椎体との間で脊柱管の狭小化が発生し、馬尾障害に及ぶことも多いです。

自覚症状が腰痛のみの場合は保存療法を用い、脊柱管狭窄症の症状が強く保存療法が有効でないと見られる場合には手術が選択されます。

加齢によって椎間板、脊間関節の症状が進み、脊椎が緩んだ状態になってしまって第四脊椎の下関節突起部分が第五腰椎の上関節突起部分を越えてずれることにより、脊柱管狭窄症を起こして腰の痛みなどの症状が出ます。

女性のすべり症の症状も主に腰の痛みですが、坐骨神経痛や間欠性跛行なども起こる可能性が十分にあるでしょう。

変性ではなく分離すべり症の場合、第五腰椎がもっとも発症しやすく、椎弓の分離、椎体のすべりが認められます。また若い頃は無症状という場合でも、中高年になると自覚症状を現れることが多く、坐骨神経痛や間欠性跛行が発症するケースもあります。

保存療法が無効であると判断され、生活や仕事などに著しく支障をきたすというケースに至ると外科的な治療を考えることがあります。

すべり症に限らず腰痛になった場合、リハビリテーションとして体操などによる筋肉の鍛錬が必要になります。患部を刺激しないように、特に腹筋を鍛えることが主になります。

ブロック注射療法を用いるケースも多く、筋肉の緊張を解きほぐし、血行をよくすることで患部に栄養が行き渡るようにすることで治癒力を高める効果が期待されます。

保存療法は比較的長く付き合う必要がありますが、療法も多岐に渡ります。いずれかの方法が有効であったという場合もあり、手術を回避できるようになることもあります。