頚椎椎間板ヘルニアを治す会 » マンションの浴室リフォーム

マンションの浴室リフォーム

マンションの浴室リフォームは、一戸建ての浴室リフォームとそれほど違いはないでしょう。ただし、一戸建てとは決定的な違いがあります。

マンションには共用部分があるということです。水回りを劇的に替えるということは不可能になっています。配管などは規定によっていじれないという、制約を受けてしまうことがあります。

最も今の浴室リフォームは浴室をユニットバスに替えるということが主流になっていますので、制約があったとしてもそれほど苦にならないのではないと思います。

自分のマンションの浴室のサイズと一致するユニットバスがあれば、それを導入するということだけですので、よほどのこだわりがなければそれで納得はできるでしょう。

ただマンションによっては、共有部分のリフォームをある程度許可していただけることもありますから、その辺りはリフォームをする前に一度、管理組合に相談してみてください。

また、マンションは賃貸ならば間違いなくリフォームをする前に管理組合の許可は取るようにしてください。

また、どうしても自分の納得の行く内装などににしたいということならば、かなりの費用は覚悟をしてください。もしかしたら、部屋を退去するとき、元のお部屋に戻すための修繕費用が発生するということも考えられます。

ですから、自分の所有物でないならば、気軽に浴室リフォームはしない法が賢明です。オーナーならばもちろんそれは別です。特にマンションの浴室は入居者にとって気になるものです。

一日の疲れを癒す、とっておきの空間だと考えている人も多くいますので、これをないがしろにせず、マンションリフォームで入居者を増やすならば、浴室もこだわるようにすると良いでしょう。