頚椎椎間板ヘルニアを治す会 » 頚椎ヘルニアにおけるブロック注射

頚椎ヘルニアにおけるブロック注射

頚椎ヘルニアを患ってしまうと、身体に様々な症状が発生します。頚椎ヘルニアの治療では一般的に手術療法ではなく保存療法が用いられます。

保存療法とは症状に合わせて薬物療法や理学療法、物理療法といった方法を選択し、症状の悪化・進行を防ぎつつ改善・緩和を目指すもので、手術のように身体に大きな負担をかけずに治療を進めていきます。

しかし、このような治療を行っても中々思うように効果が上がらずに、頚椎ヘルニアが改善されず、日常生活の中で大きな障害となってしまっている場合、神経ブロック注射が用いられることがあります。

これはいわゆる痛み止めの注射のようなものですが、世間でよく用いられる手法が血管注射であるのに対して、この神経ブロック注射は血管に注射をするのではなく、痛みを感じさせる原因となっている患部付近の神経や神経の周辺の組織に針を刺入し、局所麻酔薬を注入します。

この局所麻酔薬により、患部周辺の神経や組織を麻痺状態にすることで、痛みの信号が脳へと伝えられるのを防ぎます。

脳が信号を受け取ることが出来なければ、人間は痛みを感じることは無く、このような機構によって頚椎ヘルニアの症状をを抑制することが出来ます。以上のような神経ブロック注射の特徴として、高い鎮痛効果と即効性が期待できます。

また、同じく特徴として血管に注入するのではなく、患部周辺にのみ作用させる手法なので、副作用を気にすること必要が無いという利点を持っています。

この手法はあくまで痛み止めの一種のために、その作用時間には限りがあり効果は一時的なものではありますが、一時的にでも頚椎ヘルニアの痛みを抑制することが出来れば筋肉の緊張状態をほぐすことが出来、血行を促進することが出来ます。

そうすることで代謝機能を高めることが出来、頚椎ヘルニアの改善にも役立ちますので、決して意味のないことではないのです。