頚椎椎間板ヘルニアを治す会 » リノベーションの契約

リノベーションの契約

リノベーション工事は、完成品の契約と違い、「これから行うこと」を契約するもの。

契約書に署名捺印すると、書かれた内容で契約が成立してしまいますから、内容をよく理解し、確かめる必要があります法律上、契約は口約束でも成立しますが、実際のリノベーション工事が契約内容と違っていても、それを証明できるものが残っていないと、工事のやり直しを請求できないばかりかその代金を支払わなければならなくなります。

トラブルを防ぐためにも、リノベーションの工事内容に関しては契約書類を取り交わしておきましょう。書面の工事内容、請負金額、支払方法、工事期間などが、これまでの打ち合わせ通りであるか、確認しましょう。

見積書の金額と契約書の金額が変更や値引きなどでかわっていたら、あらためて契約金額に見合った最新の見積書を出してもらいましょう。できれば、事前にどんな書類が提出されるかを聞いておき、書類を一度持ち帰って熟読してもいいでしょう。

一旦契約しても、追加工事が発生する場合があります。その原因は主に3つあります。

・打ち合わせ不定
・壊してから分かる不都合
・工事途中や工事後に施主が追加したくなる

さまざまな打ち合わせ不足や、施主の新たな希望でも、追加工事が発生しがちです。着工後には変更できない工事もありますから、プランを途中で変更する場合は、早めに工事責任者に伝えましょう。

現場の職人さんにいうのはトラブルの元です。サービスかと思っていたら、あとで請求されて驚いたというケースがよくあります。小規模でも変更部分が生じ、追加工事が発生した場合は、その都度、見積書を作ってもらいましょう。

工事をスタートさせ、解体して初めて状態の悪さが分かる部分があります。そのために追加工事が発生して、工費も工期も延びたという例もよくあります。