頚椎椎間板ヘルニアを治す会 » ブロック注射と痛み

ブロック注射と痛み

ブロック注射は腰の強い痛みや頚椎椎間板ヘルニアの頭痛や症状を解消するために有効ですが、いざ受けてみようとなると、色々と考えてしまうものです。

例えば、注射自体は痛くはないのか、については誰もが考えることともいえますが、注射には痛みはあります。チクッとしたくらいから、薬液注入時の重いようなものもありますし、度合いもその長さも種類によって違ってきます。

また想像していたよりも痛くなかった、もう終わったのね?という方も多いですが、思った以上に太い針で、麻酔をかけなければどうなっていたか、と焦ってしまう方もいらっしゃいます。

特に腰のブロック注射は針も太いものを使用しないと狙った部位まで到達できませんので要注意です。少なくとも前もって麻酔をしたり点滴を打つ、またレントゲンを併用するかどうか、などの確認は必要です。

その他には、危険性などについても考える場合があります。実際、腕が立つ医師でなければ治療は受けないほうがいいと言われます。

つまりそれだけ危険も多いものは数多く存在します。特に身体の深部まで到達する種類のものでは、医師の感覚がいくら優れていても、レントゲン透視下で行うのが当たり前と言われています。

神経ブロックをした後は、必ず血圧測定をしますし、その他にも様態に異常がないかどうかを1時間以上は安静を取ってチェックしなければなりません。

またどのような薬剤を注入するのか、といえば、局所麻酔薬と呼ばれる麻酔薬をごく少量使用するのが一般的ですが、主なものに歯科でもよく使用されるキシロカインがあります。また、患者さんそれぞれの体調や性質などに合わせて量を調整します。

痛みが強い場合にはステロイドを混ぜる場合もあります。麻酔薬にも効果の持続時間には差がありますが、長ければいいというものでもありません。神経ブロックは痛みを和らげる目安の時間が過ぎても継続することを期待できる治療法です。