頚椎椎間板ヘルニアを治す会 » 腰椎椎間板ヘルニアと筋肉の関係

腰椎椎間板ヘルニアと筋肉の関係

腰椎椎間板ヘルニアのリハビリにおいて、筋肉のトレーニングはとても重要な意味を持っています。特に腹筋や背筋を鍛えることで、腰周りのコルセットとしての役目を持たせ、痛みを軽減させて、補助具を使用する必要性から開放することで、常に鍛える効果を持たせることができます。

背筋よりも腹筋が強い場合は、背筋のトレーニングを多くプランすることが必要です。このトレーニングでは、特に脊柱起立筋を効果的に鍛えるために、バランスボールと呼ばれる大きくて弾力性の強く、耐久性もあるボールにうつぶせになったり、腰上げ背筋運動などが効果的です。

背筋は特に重いものを持ち上げたりする場合に無くてはならない筋肉ですが、人によってそれほどその力に違いはない筋肉です。

腰椎椎間板ヘルニアでは安静期間が長ければそれだけ鍛える必要も出てきますが、鍛えるよりもほぐすことに重点を置く方は多いようです。

腹筋は、正常な方であれば常によく使っている筋肉です。普段よりも大きな声を出したり、歌を歌ったりと、気が付かないうちに背筋よりもトレーニングしているものですが、やはりバランスよく鍛えるためには意識的にトレーニングするのが大事です。

仰向けから膝を立てた状態で上半身を起こしていくような一般的なものでも効果はありますが、腰椎椎間板ヘルニアの安静期間が長かったケースではおぼつかない場合もありますので、誰かに手伝ってもらったり、タオルなどを足に巻いてそれをひっぱるなどのアイデイアも必要になります。

この基本運動はあまり回数を増やすとすぐに疲れが生じますので、最初のうちはゆっくりと回数も控えめにこなし、徐々に回数を増やしていくことが理想的です。

腰椎椎間板ヘルニアのリハビリとしてのトレーニングの基本は、痛みを感じたらすぐにやめることです。また、腰椎椎間板ヘルニアの痛みが無いからといって過度の運動をすると他の部位を痛めてしまい、腰椎椎間板ヘルニアにも悪影響を及ぼすことが多くなります。

腰椎椎間板ヘルニアのリハビリに限らず、このような運動は辛いと感じないようなレベルでやめておくことが大切です。