頚椎椎間板ヘルニアを治す会 » 手術が必要か?

頚椎椎間板ヘルニア

手術が必要か?

現在、頚椎椎間板ヘルニアで行われている治療法は保存治療と手術療法が行われています。保存的治療を行っても回復しない場合、痛みが激烈な場合、麻痺や膀胱直腸障害などが出てきた場合などは適応されます。

しかし、絶対に手術をしなければいけないというものでは、ないのです。患者さんにとって、手術は精神的にも身体的も大きな負担になるからです。

また手術はリスクも懸念されるので、納得したうえで選択出来ればいいでしょう。術後必ず頚椎椎間板ヘルニアによる痛みやしびれなどの症状がよくなるとは言い切れないのが現状です。必ず治るというわけでなく再発などして何回か繰り返し同じような治療を受ける方もいらっしゃいます。

症状が人により異なる病気ですので術後の改善の程度は患者さんにより様々で、術前に正確にどの程度頚椎椎間板ヘルニアが改善出来るかを推測することは困難だと言われています。

痛みやしびれなどから回復して、手術をして良かったと思われている方もたくさんいらっしゃいましすし、それほど回復がなかったので行わなければ良かったと思っている方もいらっしゃいます。費用もかかる事ですから一概にどちらが正しいともいえないのが現状です。

また術後の通院や学校や仕事への復帰などは術前の症状にもよりますが、時間を費やすことも考えなければいけません。現在は、医学が発達して術法も増えてきています。

いくつか例を紹介しましょう。メスを使い、摘出するラブ法はヘルニア全体を取り除くので、健全なものまで取ってしまうことや、神経癒着、硬膜外部出欠、神経損傷などの合併症を起こす恐れもあります。

細い管を椎間板の中に入れ、内視鏡で確認しながら断片をレーザー照射して気化させる内視鏡下ヘルニア摘出術、こちらはモニターを確認しながら施術を行います。

経皮的レーザー椎間板減圧術PLDDと呼ばれる事もあります。こちらは局所麻酔で2~3mm程度の小さな穴をあけるだけで済む方法です。体への負担が少ないですが、PLDDを行っている病院は、まだ数が多くなく、どこでも出来るという訳ではありません。

症状の箇所により説明した方法が施せるわけではありませんし、保険が適用されるもの全額自己負担のもの、入院日数や金額なども色々です。

手術を行うか行わないか、また、どのような方法で頚椎椎間板ヘルニアと向き合っていくかなど選択肢はたくさんあります。一ヶ所の病院だけで判断せずに数か所の病院を受診するなどするセカンドオピニオンを行って自分の納得いく方法を見つけるのが一番だと思います。

根気よく上手く症状とつきあいながら、運動をして頚椎の筋肉を鍛えて症状の軽減をしたり、生活習慣の見直しをして頚椎に負担をかけない努力をしたり、症状の改善に頑張っている患者さんもたくさんいます。

また、 劇的に1回の施術で効果が出るわけではないですが、痛みが落ち着いてきたら鍼治療や整体なども効果的だと言われています。体の歪みを治し血流をよくして、本来体が持っている治癒効果を生かし治していく方法です。整形外科とカイロや整体、鍼などと平行に治療をしながら、少しずつでも自然の力で治している方もたくさんいます。

最終的には自分の納得いく方法での治療方針を自分で選ぶことが重要と言えます。自分の希望に沿うような治療方法を見つけるのは、手間がかかるかもしれません。職場や家族の理解を得る事も重要です。しかし、自分の体とは長く付き合っていくのですから、腰を据えてじっくり考えて結果を出すように出来るといいですね。