頚椎椎間板ヘルニアを治す会 » 外壁塗装と高圧洗浄

外壁塗装と高圧洗浄

外壁塗装をする場合、高圧洗浄はかならずといっていいほど必要になります。外壁がまったく汚れていないというケースはありませんし、そのような場合は外壁塗装をしなおす必要はありません。

高圧洗浄は、外壁、または屋根についてもその塗装面にしつこくこびりついたカビ、汚れなどを高圧の水流で洗い落とし、塗料の接着をよくするために行います。

また、今ではほとんどがガソリンを燃料としたエンジン式の機械を用い、そこから高圧の水をかけて汚れを洗います。水はバケツに溜める場合もあれば、水道管があればそこから供給するほうが便利です。

エンジンの音はどうしてもうるさいですが、やはりこちらのほうが圧力が高いので汚れ落しの性能は高くなります。

高圧といえばどれくらいなのかも気になりますが、実際は噴出し口をゴムの長靴にあてると穴が開いてしまうほどの水圧がありますので、手で触ってみるなどは厳禁です。

例えばリシン、スタッコなどの場合は、カビが塗装の塗膜自体にまで入り込んでしまっている場合もよくありますが、こうなるとカビまでは全て取りきれません。

しつこく洗浄しようとするとかえって逆効果で、塗膜にも影響が出てしまいます。ざらざらしたモルタルの壁から剥がれてくることはほとんどありませんが、外壁サイデイングの場合は別です。

チョーキングの水洗いが不足していると、塗装が剥がれてしまい、すぐにまた外壁塗装をしなければならなくなりますので慎重に落とさなければなりません。

外壁塗装で洗浄する場合、他の場所もよく洗浄します。門周りのタイルの隙間は特に一般的です。他にはカーポートのアクリル製の屋根などもカビが出やすい場所ですので、足場があればチャンスです。

外壁以外の壁の部分としては、雨戸や戸袋などもよごれは多くつき、見栄えも悪くなりがちです。

塗装が剥がれている雨戸があれば、外壁塗装のついでに塗装してもらえるか頼めばおそらく対応可能ですが、場所が多いと外壁塗装に加えて新たに料金が発生する場合もあります。

車の正しい洗車方法をプロが教えます!