頚椎椎間板ヘルニアを治す会 » 腰椎分離すべり症とサッカー

腰椎分離すべり症とサッカー

腰椎分離すべり症には大きく分けて2つのものがあります。1つ目は分離すべり症と呼ばれ、特に過度にスポーツをする若者に多い病気です。特に陸上競技をする方が多く発症します。

また野球やバレーボール、サッカー、柔道など、球技や武道にかかわらず関連します。腰の部分を前屈、後屈、回旋したりするスポーツ全般がそうですが、スポーツ全般がそのような動作をします。

特にサッカーは上半身、下半身を常にコントロールし、疲労度も激しいですし、着地を激しくしたりすることも突然起こることが多いため、可能性は高いです。10歳~15歳の成長期に骨が十分に発育していない状態で疲労骨折を起こす、というものがほとんどです。

しかし、早期発見をしてサッカーを中断し安静にすることで、癒着して完治するという例も少なくありませんので、子供自身が我慢しているということを避けるためには親が時々チェックするようにすることが必要です。

そして2つ目は変性すべり症ですが、こちらは中高年、特に女性が発症するケースが多いようです。この原因のほとんどは加齢によるものです。やはり年を取ると椎間板の水分が徐々に失われてしまうためです。

腰椎分離すべり症の症状は腰痛、臀部痛、大腿外側の痛みなどがほとんどです。また長時間の運動や同じ姿勢を長時間維持したりすることで痛みが増しますが、安静にしていれば痛みもかなり緩和されます。

腰椎分離症の適切な治療法としては、まず安静、その次に腰椎周りに適切な筋力をつけることです。腰椎周りに適切な筋力があれば、レントゲンなどで症状が出ていても、本人は自覚症状が無いというかたは多くいます。

またサッカーなどのスポーツをしている方でもすべり症にかかってはいるが痛みが全く出たことが無いという方も多くいらっしゃいますので、やはり発症するかどうかは筋力の多さが関わっていると言えます。

腰痛はかかってしまえば一生付き合う、という方が多いですが、できるだけ浅い付き合いを増やすためにも、自分から進んで治療と向き合うことが大切です。