頚椎椎間板ヘルニアを治す会 » 腰部脊柱管狭窄症の様々な療法

腰部脊柱管狭窄症の様々な療法

脊柱管狭窄症の治療には色々な方法があります。手術や薬と言った手段だけでなく、温熱療法や超音波などもあります。身体に負担をできるだけかけない、このような治療法を保存療法と言います。

例えば、温熱療法では、血行の改善によって、症状を緩和する効果を期待するものですが、血行がよくなることによって筋肉がやわらかくなり、痛みを和らげることができるようになります。

他にも、コルセットを装着することによって、腰部脊柱管狭窄症の原因となった歪みなどを矯正する方法もあり、時には腰を曲げた状態で固定することもあるようです。

また、腰部脊柱管狭窄症の痛みを伝達から遮断するために、神経そのものにブロックを施す方法もあり、神経に直接麻酔を投与することで長時間の伝達を防ぐことができます。

温熱や超音波、マッサージなどでは腰部脊柱管狭窄症の痛みを改善出来ず、このような薬物治療によって症状が改善されたり完治したという方も多いようです。

しかし、そのためにはやはり早期治療を受けることが大切とのことですので、仕事などで時間が取れない場合でもできるだけ配慮するべきでしょう。

手術となりますと入院が必要になってしまいますので、ますます仕事に影響します。仕事をしている人の場合はやはり、できるだけ時間のかからない治療法を選択したいという方が多いでしょう。

内視鏡手術による方法は2、3日で退院できる場合も多いようです。ただし手術をしていることには変わりありませんから、肉体労働などの場合では復帰するまでには1ヶ月は見ておいたほうがいい、ということのようです。