頚椎椎間板ヘルニアを治す会 » 整体と中国

整体と中国

日本の整体といえば、様々な術式の方法を取り入れたモダンな健康法として位置づけられていますが、中国にもこのような技術があります。

中国では整体を推拿、トゥイナーと呼び、2千年以上の歴史を持つ中国医学の中でも代表的な自然療法です。薬剤や機械などは使用しません。患部の異常を手技のみで治癒させるための伝統的な施術法です。

また自然治癒力を高める、という大きな目標がある点では日本の整体とほぼ一致しています。生体のバランスを整え、人体を健康な状態に高めることが可能です。

西洋医学においても様々な角度から取り入れられている自然療法の中でも、中国整体は大きな注目を浴びている分野です。日本では総合医療として医療現場でも多く取り入れられています。

現状の西洋医学のシステムではなかなか対応できないと言われる更年期障害やその他の不定愁訴、リハビリなどに関しても、自然療法はとても高い効果を示します。

もちろん西洋医学の領域では改善できないような病気もありますし、そのアプローチの大きな違いは、現代の西洋医学の欠点を解消することができる、とも言えます。

日本にも多くの施術場があります。また多くの方が通院されていますが、生活習慣病の一歩手前の状態にある方も多いと言われています。

パソコンの作業で肩凝りや眼精疲労、腰痛などを持っている方や、立ち仕事での疲労の解消、また介護の現場で働いている方の悩みの解消法としても高い効果があると言われています。

またスポーツ障害にかかっている方にも効果があります。野球肩やテニス肘などの特徴的な症状にもフォーム矯正を含めた総合的な改善策を提案します。

中国整体もやさしくソフトな施術をします。骨をボキボキと鳴らすような方法ではありません。長い歴史にバックアップされた中国整体は日本の整体術にもたくさんの影響を与えています。

整体の職に就きたい方や、自然療法をこれから学ぼうとされている方にとっても大切なステップアップの素材です。